スズメバチの巣駆除の時期は?何月に行うのがベスト?

スズメバチの巣

暖かくなってくると虫たちも動き始めてくるわけですが、”スズメバチ”は昆虫の中でも危険性の高い部類です。

大きなスズメバチの巣を見ると一瞬怯んでしまいますよね。

そんなスズメバチの巣ですが駆除の時期は何月頃がいいのでしょうか?できる事なら巣が小さいうちに駆除したいですし、大きな巣であれば早々に駆除したいものです。

ここではそんなスズメバチの巣の駆除について紹介したいと思います。最後まで読んで頂くことで、どの時期に駆除すればいいのかが見えてくると思います。

目次

スズメバチの巣の駆除時期

スズメバチの巣

スズメバチの巣を比較的安全に駆除できるのは、4〜5月の時期と言われています。理由はスズメバチが冬眠から丁度目覚めて巣作りを始め出す時期で、攻撃的なスズメバチも少ないからです。

巣作りを始める女王バチは巣作りに適した場所を見つけると、1匹でせっせと巣を作り始めます。この巣作りを始めた時期というのは攻撃的な蜂もいなくて巣の警備も手薄状態です。

その為、大きくなってしまう前に比較的簡単にスズメバチの巣の駆除を行うことができます。ちなみにスズメバチの巣が急激に大きくなるのは6月~8月の間なので、夏の時期にはすでに大きくなってしまっていると予想できますね。

スズメバチの巣作りの時期、巣は何日でできる?

スズメバチなどの蜂は働き蜂の増加によって一気に巣が巨大化していきます。巣自体は女王バチが1匹で作り始めますので、初めは数cmほどです。

4〜5月の間は5、6cmの巣で、働き蜂の増加によってどんどん大きくなってきます。この働き蜂が羽化するのが5月下旬〜6月頃なので、この時期から巣がどんどん大きくなっていくと言えます。

そして夏の時期でもある7月〜9月頃には巣の大きさもスズメバチの場合ですとマックスで80cm以上にもなることがあります。

この夏の時期はエサとなる虫も増えるため、そのエサを元に働き蜂もどんどん増えてくるという感じです。

スズメバチはどんな場所に巣を作るの?

スズメバチの巣

家の周辺やビル、マンションなどスズメバチが巣を作る箇所として最適な場所とはどこなのでしょうか。スズメバチに限らず”巣”は家なので、繁殖のためにも安息できる場所が第一の条件です。

なのでここからは巣の作りやすい場所をピックアップしてみたいと思います。

住宅内の場合

・天井裏
・床下
・換気口
・軒下

これらが巣の作りやすい箇所として挙げられます。要は雨風にさらされる事なく、外敵からも見つけられにくいということがポイントになります。

建物周辺の場合

・気の根っこ
・廃材
・植木鉢
・ガーデニングに使用している物

これらも放置され気味になっている場合はスズメバチも巣を作る場所として最適だと判断しやすいです。

こう見てみると住宅内に限らず建物周辺でも巣の作りやすい環境は数多くあるので、どこにでも蜂の巣はあるといえるかもしれませんね。

スズメバチの巣を見つけたら!?

スズメバチの巣

スズメバチは攻撃性の高い蜂で刺されると最悪の場合、命の危険性のある蜂です。

蜂と聞くと野原をイメージする方もいるかもしれませんが、今では都心部にも生息し、何処にでもいる昆虫です。

特に都市部や住宅などはスズメバチの天敵なども少ないので、巣も作りやすく、思ってもいない所に巣を作っている可能性もあります。

蜂が飛んでいるのを発見したら、近くに巣がある可能性もあるので近づくことなく速やかに離れる様にしましょう。

まとめ

今回はスズメバチの巣駆除の時期について紹介しました。

スズメバチの駆除の時期は4~5月が良さそうですね。

巣が急激に大きくなるのは6月~8月なので駆除する場合は春の時期が比較的安全だと言えそうです。

蜂駆除は危険が伴いますので、駆除を考えられている場合は我々の様な業者にご依頼いただくことで安心して駆除することが可能です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる