遺品整理で祖母の着物が出てきた時の処分の仕方や対処法

遺品整理 着物

故人を想い遺品を整理する中で、場合によっては着物が出てくることもあるかもしれません。そんな時、どのような対処法があるのか、また処分方法があるのかを知っておくだけでも遺品整理・生前整理の役に立つかもしれません。

そこでここでは遺品整理を行う際に着物が出てきた場合の対処方法や処分方法、そして注意点などを紹介したいと思いますので、遺品整理の役に立てていただければと思います。

目次

遺品整理中に出てきた祖母の着物の処分の仕方や対処法

桐ダンス

遺品整理中に出てきた着物の処分方法について紹介したいと思います。

[着物]=[売却]

この様にお考えの方も多いはずです。しかし、その売却の方法にも色々ありますので、その処分と対処法について紹介したいと思います。

①:[形見]として処分せず保存する

故人を想いどうしても処分という気にならない人もいるはずです。その場合、処分ではなく形見として保存するのも一つの対処法です。ただ、着物を保存する際は定期的なメンテナンスも必要になりますので、着物の保存方法は最低限、知る必要があります。

例えば、着物は1枚ずつ和服用のたとう紙という紙に包んで湿気の関係から、湿気の溜まりにくい上段に収納する必要があります。

この様に着物のコンディションを良い状態で保つためには、着物の保存方法とメンテナンスについても理解する必要があります。

②:買取業者に着物を買取ってもらう

買取業者に査定してもらい着物を買取ってもらう方法です。その場合、着物の買取の経験が多い業者を選ぶことが大切です。

買取業者の中には着物を専門に取り扱う業者もいますし、目利きの確かな業者に依頼することができれば、思わぬ高額買取を実現できる可能性もあります。

出張買取などを利用する事で持ち運びの手間も減りますので、売却する場合どれくらいで着物を買取ってもらえるのかなどの参考にもなります。

実際に買取業者に依頼する場合も、1社だけに査定してもらうのではなく、いくつかの買取業社に依頼しあなたが最も納得できる業者に買取をしてもらいましょう。

③:ネットオークションやフリマアプリで売却する

ネットオークションやフリマアプリを使って売却する方法も最近は多いです。実際に着物の価値を知ってから出品するのはもちろんなのですが、人によってはオークションで「いくらで購入させて欲しい」と願い出る人も。。。

また売却する際は利用者の多いアプリやネットオークションを利用することで、早く買い手が見つかり可能性があります。

④:リサイクルショップを利用する

リサイクルショップを利用して売却する方法もあります。ただ、リサイクルショップの場合、着物の価値を正しく査定に反映してくれない場合もあります。

祖母が大切に使っていた思い入れのある着物が思っていた金額にならないことももありますので、「いくらでも良いから買取ってもらいたい」という場合を除いでは利用は避けた方がいいかもしれません。

⑤:再利用としてリメイクする

着物をリメイクして別のモノに変える方法もあります。例えば、洋服の一部に利用したり、子供の七五三の着物に変えたりなど色々活用法があったりします。

最近はフリマアプリなどで「思い出の品でリメイクします」のような人も結構いたりしますので、一度見てみても面白いかもしれませんね。

⑥:可燃ごみとして廃棄する

最終手段として可燃ごみとして処分する方法です。ただ、着物の数が多い場合は、処分するにしても大変な作業になると想いますので、その場合は我々のような遺品整理業者に連絡して処分する方法もあります。

遺品整理業者の多くは買取を行うことができる業者もいますので、まずは相談してみることをお勧めいたします。

遺品整理で着物を買取処分する際の注意点

着物

着物を処分する際にも実はいくつかの注意点があります。

処分する場合、買取価格などもそうですが、それ以外にも身内トラブルを避けるための知識があります。

相続税に当てはまる可能性も視野に入れる

高価な着物やたくさん着物がある場合、買取金額も膨れ上がる可能性もゼロではありません。その場合は遺産相続の対象に当てはまるのかなど色々な可能性を頭に入れる必要があります。

遺言書がないかを確認しておく

故人がいつも大切にしていた着物、着物としても希少価値の高いものなど、さまざまなケースがあると思います。着物は今の時代にこそあまり着られていませんが、中には貴重な着物もあります。

遺言書は法律的にも効果のある重要なものですので、遺言書の確認をしましょう。もし故人の記した遺言書がある場合は弁護士に相談することも視野に入れましょう。

小物類がセットになっているのかを確認

買取や査定をする場合、着物と一緒に小物類や証紙などがセットになっているかも確認しましょう。

証紙は着物の価値を表す大切な証明にもなりますので、もし、一緒に保存されていた場合は査定の際に合わせて提出するようにしましょう。

証紙の有無で買取額が大きく変わることもある様です。

着物専門の査定士に依頼するのが○

着物を査定する場合、素人では中々査定が難しいです。

着物の買取りを考えている場合、着物、和服などを正確に査定できる業者や店舗を利用する事で満足度の高い買取を実現することができるはずです。

故人の残した大切な着物ですので慎重に買取先を決める様にしましょう。

まとめ

今回は遺品整理における着物の対処法について紹介しました。故人がどのように着物を保存していたのか、使用していたのかを考えると思うように処分自体も難しいかもしれません。

保存するのか、もしくは処分するのか。。。まずはこちらを決断されると良いかもしれませんね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる